ものづくりのまち浜松を拠点とするヤマハとロゴマーク

古くから「ものづくり」が盛んなエリア

東京と大阪のほぼ真ん中に位置する浜松市は鰻でも有名な場所です。
鰻は年々出荷量が低下しているなどと言われていますが、浜名湖の鰻はおいしいなどからも、観光で訪れた時には必ず鰻を食べる人も多いのではないでしょうか。
浜松は鰻だけが有名な場所ではなく、地理的な条件や温暖な気候、天竜川に代表される豊富な水資源などがあるなどからも、古くから「ものづくり」が盛んなエリアとして成長し続けています。
繊維を初め、楽器やオートバイなどの三大産業が地域内で誕生、技術や技能が発展し今日の産業に根付いているなどの特徴を持ちます。
高い技術により、世界的なリーディングカンパニーを輩出しており、最近では光技術や電子技術など先端技術産業も急速に発展を続けています。
そのため、世界からの注目を集めると同時に国際的な高い評価を得ています。
現在の活発的な産業のルーツを紐解くと、江戸時代までさかのぼることになります。
江戸時代の頃には、繊維や製材、木工加工が主流で、現在の浜松の基盤を作り上げていました。
様々な機会が発明家などにより登場、これにより産業が進化を遂げています。

古くから「ものづくり」が盛んなエリアヤマハは世界的な規模で知名度を高めている幅広いジャンルの商品を手掛けている

浜松 ものづくりNGN株式会社